お洒落チェアに座って読書できる六本木の美術館

0 2
地方のクリエイターは20代で一人前になれない?(たぶん)

クリ絵:師匠、グラフィックデザイナーって何年ぐらいで一人前になれるんですか。
 
師匠あぁ、その質問はよくされるね。
地方と大都会では一人前になれる期間が違うからなぁ…。
 
クリ絵:えっ、そうなんですか。
 
師匠:まず、地方の若いデザイナーの場合。
大都市と違って地方都市のデザイン会社には同業他社との競争がそれほどないんだ。
だから、そこに勤めるクリエイターは結構ゆったりとしたペースで仕事をしてるし、週休2日制で、祝日も休んでいる、1%ぐらいの売れっ子を除いてね。
そうすると年間休日が125日ぐらいになるから、2日働いて1日休んでいることになってしまうんだ。
覚えることや経験すべきことが滅茶苦茶多いデザイン業界で、地方のクリエイターは経験を積むのに長い年月がかかるんだよ。
 
週末にカフェめぐりやアウトドアライフやなんやで楽しむのもいいけど、将来大変だよ。都会のデザイナーに比べて成長がその分、そっくり遅れるんだから。
 
だから、地方都市では若いクリエイターが20代で一人前になるのは、ほぼ不可能だね、たぶん。
 

都会のクリエイターは20代でしっかり一人前

 
師匠:20代後半の広告代理店勤務のクリエイターの場合なんだけど、彼の場合、午前10時過ぎから終電ギリギリまで毎日働き、土日も会議やイベントなどでつぶれるから、地方のクリエイターに比べて圧倒的に仕事をしている時間が多くて、休みも少ない。
仕事内容の7〜8割が競合コンペだから、精神的にも鍛えられるよね。
イベント会社のプランナーもほぼ同じ。テレビ制作会社はもっと過酷だと言っていたな。
3人とも東京で働いているけど、ここではこの状況が普通だろ、クリ絵ちゃん(苦笑)。
 
だから、彼らは30歳前にはディレクションをちゃんと経験できるし、競合コンペでプレゼンテーションも担当するし、濃密な時間を過ごすことになる。だから若いうちに、ちゃんと一人前と呼ばれる存在になれるわけ。

30代からは徐々に地方のクリエイターのようにしっかり休めるようになるよ。仕事が多くても仕事のスピードが速くなるから早く帰れるし、同じ時間で地方のクリエイターよりもたくさんの仕事をこなせるから収入も地方よりぐんと高いし。
 
クリ絵:都会と地方でデザイナー能力の格差が生まれるってことですか。
 
師匠:その通り。かわいそうだけど2日働いて1日休んでる地方の人たちとは残酷なくらい差が出る。
だから、地方だと35歳ぐらいで何とか一人前になれたらラッキーってとこかな。
 
クリ絵:35歳でやっと一人前か…。都会のクリエイターの方が断然有利ですね。
 
師匠:地方都市でも当然がんばってる人もいるよ。きっと1%ぐらいだけど。
地方でも大手の忙しい会社に勤めていて、10案件ぐらい同時に担当させられて、撮影のディレクションもして、クライアントにプレゼンして、簡単な企画書まで自分で書いて。そんな若いデザイナーも何人か知っているし。
彼らはいつも「自分だけが仕事が多い」と文句言ってるけど、若くて優秀なクリエイターって上司からどんどん仕事をまわされるからしょうがないよね。でも、1%の優秀な奴らってボーナスはたくさんもらってるから。
 
考えてみると、その1%のクリエイター達は地方にいても都会のクリエイターとまったく同じような仕事内容なわけだ。
 

20代は都会でハードに、30代からは地方で優雅に

 
クリ絵:1%かぁ…どんどん仕事かぁ…。しかし都会のクリエイターはみんなタフですよね。
 
師匠:そんなこともないんだなぁ、これが。クリ絵ちゃんはタフだけど。
近頃は相当数のクリエイターが若いうちに脱落していくみたいで、その人たちが故郷へUターンして働いたり、自分の好きな地方都市へ移住して働くケースも多い。
地方だといろんな仕事を短期間で経験できないんだけど、長い期間をかければそこそこ経験できるし、自分の時間もたっぷりと持てるしね。初めはみんな都会帰りの人をちやほやしてくれるし。
 
自分の時間が欲しいクリエイターは地方都市で仕事をするのがいいのかもしれないね。
都会で経験を積んだクリエイターは仕事が圧倒的に速いから転職先で重宝されるし。
 
でも都会で頑張っているクリエイターみたいに30代でリッチにはなれないけれどね。
 
クリ絵:都会と地方で収入面でも格差もでてくるのか…。
 
師匠:30代になるとびっくりするぐらい差が出るだろうね。
でも、しょうがないね。仕事をこなした量と収入って、ほぼ比例するから。

▼クリ絵が分かったこと
地方都市で働く若いクリエイターは休みが多く自分の時間が持てるが、一人前になるのにどうしても時間がかかる。
都会で経験を積んだクリエイターは、仕事が速いから地方で重宝される。(20代は東京で修行、30代から地方都市で優雅に暮らすのがベスト?)

10年後のあなたを“リッチデザイナー”に!